賃貸物件のアレコレ|現状復帰で安心の引っ越しを目指す

ビル

初期費用を考える

作業員

少しでも原状復帰の義務を減らす努力

新しく賃貸物件を契約した際、初期費用がかかるのが一般的です。その中に「敷金」と言う項目がありますが、敷金は一般的に貸借人が賃貸人に預けたお金であり、支払ったお金ではありません。敷金は、貸借人が家賃を滞納したり、家を破損しない限り必ず返金してもらえますので注意しましょう。 敷金は一般的に退去時に返金してもらう事が可能です。 退去の際、住人は家主と一緒に部屋の中を点検します。その際、家主が修繕すべき箇所を発見した場合は、貸借人に原状復帰の義務が発生しますので、敷金からお金が使われる事になります。 現状復帰義務をできるだけ免れるためにも、入居時に家の中に気になる傷を見つけた場合、必ず写真に撮っておくようにしましょう。それにより現状復帰を免れる事ができます。

「敷金」とは何かを知る

賃貸物件を借りる際にかかる初期費用は、名目から金額まで地域によって異なります。 例えば、関西では敷金は「敷き引き」と呼ばれる事もあり、退去時に返還される金額も異なるのが一般的です。都道府県ごとのルールが分からない場合、必ず入居時に確認しておくようにしましょう。特に引っ越しにより新たな地域に移り住んだ場合、後々のトラブルを回避するためにも欠かせない配慮です。 ちなみに初期費用として支払う敷金の相場は、家賃の一ヶ月分から二ヶ月分を支払うのが一般的です。基本的に大家さんによって異なりますので、こちらも事前に確認しましょう。 賃貸で暮らしている間に敷金を消費するトラブルを起こさず、原状復帰義務から免れた場合、こうした金額が手元に戻って来る事になります。

大事な点検

ビル

マンションや店舗のエレベーターは、メンテナンスをしないと大きな事故を招く恐れがあります。保守点検を率先しやってくれる専門業者もおりますので、大惨事になる前に点検を依頼していきましょう。

More Detail

色々やってくれる

男性

原状回復を手がける専門業者は、様々な回復に携わってくれます。例えば、増築部の撤去や、壁紙の張替え、配線や配管の復旧も、原状回復の枠で新しくすることが出来ます。早速依頼をしましょう。

More Detail

状態の把握

作業員

大規模修繕の前に、建物の状態をしっかりと認識する必要があります。傷んでいる箇所や行う施工など、方法や流れを把握しましょう。業者はプロなので、しっかりと行ってくれるはずです。

More Detail

Copyright© 2016 賃貸物件のアレコレ|現状復帰で安心の引っ越しを目指す All Rights Reserved.