賃貸物件のアレコレ|現状復帰で安心の引っ越しを目指す

女性

状態の把握

作業員

大規模修繕の実施時期の目安について

マイホームを購入することは人生の目標の1つでもありますが、長年住んでいると家も傷んできますのでリフォームなりの修繕が必要です。マンションであれ一戸建てであれおよそ新築から10年が大規模修繕を行う目安とされています。しかしこれは新築から12年または15年が目安という人もいます。マンションであれば多くの人が住んでおりエントランスや階段、廊下などの共用部分が多いため大規模修繕となります。廊下や階段にヒビが入ってきたり壁が剥がれてきたり色落ちしてきたりします。そのため普段から毎月修繕積立金を貯めていっておりこのお金を使って修繕する運びとなります。大規模修繕を行う際、マンション管理組合でまず委員会を発足します。

修繕のやり方について

大規模修繕を行うにはまず建物の診断を行う必要があります。どの部分がどれくらい傷んでいてどのような修繕を行う必要があるのか診断します。それを元に修繕計画を立てます。修繕工事にどれくらいの期間かかるのか費用はいくらくらいかかるのかを決めます。そして実際に工事業者に依頼して修繕工事を行います。この診断、計画、工事は業者に依頼することになりますがいくつか方法があります。すべてをマンション管理会社に依頼する方法と全てを工事業者に依頼する方法そして診断・計画を専門のコンサルタント会社に依頼し工事は別の業者に依頼する方法があげられます。この中で最も費用が高くつくのがマンション管理会社に全てを依頼する方法になります。

Copyright© 2016 賃貸物件のアレコレ|現状復帰で安心の引っ越しを目指す All Rights Reserved.